11月 27

夢前の山近況/共生する生き物の形

これは檜間伐材の残材ですが、サビ丸太(カビ菌類から生まれる床柱)の作り方に似ています。里山からでる残材の新しい新素材を願い挑戦中です。自然に繁殖する生き物の跡を、漆塗り仕上げ同様に朱色(神社専用塗料)を塗り研ぎ出しているところです。檜材ですので香りもいいし、、、抗菌作用もあるし、、、、環境には何重にもやさしく自然と共生する新しい姿です。

dsc_076215134815_1195641690511100_1014922514210217797_n_20161123_155928

9月 10

荒廃する杉林帯

夢前・町の寺子屋分校のメイン広場から、奥へ登るスロープの林道ができました。四駆車ならここまで登ることができました。頂上直下まで整備しますが、その後は明神山登山道につながるようにすすめる予定ですが、、、、、(当山の高低差は約50m)

dsc_0553dsc_0555dsc_0553

dsc_0520dsc_0536

 

 

8月 20

アートによる里山保全活動の登録が承認!

【祝・ISC Day 4/24 2017/国際彫刻日初参加】
姫路市夢前町で活動を続けている「里山アートの森制作公開展」を国際彫刻dayに日本から初参加します。昨年9月のクロージング展に引き続き、更なる長丁場に挑んでいます。来年4/24の国 際彫刻日にむけて「自然と人の関係」をコンセプトに、西日本の小さな里山から日本型ランド・アートを発信しています。現在、 第一段階の作品2点に加えて、山の頂上直下の杉林に向って間伐と新作の準備をはじめました。里山プロジェクトに共鳴頂ければ、どなたでも参加ができます し、ユニークなワークショップなどご一緒にコラボレートを楽しみませんか?

http://www.sculpture.org/calendar/…
http://sculpture.org/isday/
注) 国際彫刻センター(ISC)は、1960年に米国で設立された非営利組織
国際彫刻日は4月24日に全世界で開催された毎年恒例の祝賀イベントです。参加者共通のインターネット・プラットホームを媒介に情報交換が行われます。

里山保全と国際彫刻日

【中央広場から頂上へのスロープ】

国際彫刻Dayに向けて中央広場を整備中。重機を使わない手作業ですが、少しずつ奥山の登山道に近づいています。

里山保全につながるランド・アートが、どんどんと進んでいます。

DSC_0512 DSC_0515

7月 11

【公社・日本建築家協会主催・環境セミナーパネラー参加】

とき 7月26日 ところ 東京・新木場 新木場タワー1階大ホール

テーマ 「木造建築がつなぐ森林の循環」 当協会理事の井原がパネラーで参加。活発な議論のなか、里山保全につなぐランド・アートの役割を提案してきました。奥山と村落を結ぶ生態系の緩衝帯と言われる里山は、木材生産現場の奥山環境にとってたいへん重要です。荒廃が蔓延するSATOYAMA(海外も認知)こそ、森林循環の要ではないだろうか?

日本建築家協会主催 環境セミナー DSC_0463 DSC_0461 DSC_0466 DSC_0460

【YouTubeにも公開中】

作品名=えん-起

FB経由ですが、動画を公開します。里山の保全につながるランド・アートと言われる環境彫刻のジャンルです。

https://www.facebook.com/ihara.yoshitada/videos/vb.100001958422507/1058621240879813/?type=2&theater

4月 15

季節外れの虫干し&ウバメガシ

町の寺小屋・夢前分校の本日は初夏のような晴天に恵まれましたので、気がかりだった畳ゴザを虫干しをしました。小屋内部ではカメムシやら湿気でジメジメとしていましたの丁度いい日よりだと思いイソイソと作業をすませました。そのついでに炭焼き小屋の斜面に登り、素材のウバメガシを点検してきました。ちょっとつかわれていないのがさびしい気がしました。

DSC_0430 DSC_0432 DSC_0433 DSC_0434 DSC_0435

3月 21

小山茂樹さんが受賞!

小山茂樹さんが、ひょうごクリエイティブビジネスグランプリで産業労働部長賞を拝受しました。兵庫県公館での授賞式と展示の様子です。
1913828_563292220496020_4472844304555596394_n
12832505_563295253829050_2404466262525578397_n
12814196_563292167162692_8541034869774355799_n
12346378_563295097162399_4064078335244192798_n

3月 12

寺子屋夢前分校の今むかし

最近、分校の山に窃盗紛いの出来事が起き困り果て警察に相談したところ、パトロールの回数を増やしてもらえるようになりました。パトロールカードはいつも投函し てもらっていますが、忘れた頃にやってくるコソ泥みたいで、、以前にはチェンソーがなくなったり、1~2月には温水器から灯油を抜きとられたり、倉庫の ドアをこじ開けたような跡があったり、、どうしたものか、、完全なバリケードをつくるにも費用もかかるし野暮すぎて、、でも仕方がないのかも、、、。
それにしても、こんな田舎の山中にまで治安が悪くなりました。何か社会の箍(たが)が緩んでしまったのか?欠けてしまったのか危うい感じです。昔は村の中 を誰かが通るとすぐ村中に広がり、ある意味では窮屈ではありますが安心でしたし、ときには村から陣中見舞いを頂いたり、思えば良き時代だったのかも知れま せんね。

DSCN2422

DSC_0003

DSC_0392

2月 28

兵庫県HP「すごいすと」欄に公開中!

活動が兵庫県のHPにリンクされました。HPトップページの「すごいすと」欄に竹重勲理事長が紹介されました。また同サイトに里山保全のアート化協働プログラムがリンクされました。。
兵庫県のHP
http://web.pref.hyogo.lg.jp/
すごいすとのサイト
http://www.hyogo-intercampus.ne.jp/…/introduc…/takeshigeisao

1)里山保全アート化の協働プログラム

2)活動初期
http://translate.google.co.jp/translate…
2)その後
https://iharayoshitada.see.me/

文書2

文書 1すごい1すごい2

7月 21

里山のアート化展・クロージングの集い

環境21の会と協働プログラム/里山のアート化展・クロージングの集い 当日はワークショップします。多数ご参加お待ちします。

里山のアート化展・クロージングの集い-4

ライトアップ風景神戸大学の学生ボランティア

環境21の会と協働プログラム/里山のアート化展・クロージングの集い

コケ植物によるエコアート作品制作の学生サポーター(神戸大学)によるスナップ、、、、

7月 01

井戸ポンプとキッチン

最近、リサイクルの灯油式温水ボイラーとキッチン・シンクの提供があり、さっそく配管とか給水パイプの埋設などをしています。室内外の整理もしないと工事ができませんので合わせてすすめています。シャワー室も欲しいところですが、次の段階になりましょうか?DSC_0017 DSC_0001 DSC_0003 DSC_0002

古い記事へ «